ピチェート整形外科センター
ピチェート医師について 訪タイ情報FAQ(質問と答え)連絡先クリニックの地図

ホーム
ドクターピチェートについて
手術項目一覧
クリニック情報
FAQ
連絡フォーム
病院サービス
クリニックの地図
患者様からの推薦文



大きな地図はこちらです

  患者さんの推薦文15
ページナビゲーション
ピチェート先生と心優しくすてきなスタッフの皆様へ

このたび豊胸手術をしていただきまして、先生の治療と介護に関して本当にありがとうございました。現在のバストサイズと形にとても満足しています。全体の体とのバランスがとても良くてとても美しいです。

もちろん、まだ少し腫れがあり傷も残っていますが、ご存知の通り、私の回復はとても早いので、手術後一週間で仕事に復帰しています。

ケビンと私はバンコク滞在を満喫しました。先生にゴルフクラブを貸していただいたこと、そして、先生にしていただいた全ての手配に関してもお礼申し上げます。ホテルもとても素敵でスポーツジムもケビンにとても適していてトレーニングが効果的に行えました。

半年後に是非、またそちらへ訪れたいと思っています。

メリークリスマス、そしてハッピーニューイヤー!

オーストラリアのディアナより


SRS患者からの

Indeed Memory from my SRS Patient.
皆様へ

この掲示板に招待してくれてありがとう。これで何かが出来ればと思っています。私はアメリカに住むダニエルです。現在44歳。子供たちはもう大学へ進学しました。この夏6月10日、ピチェート先生によって手術を行いました。私の経験は今まで読んできたものとは随分異なりました。
私はアメリカからピチェート先生宛に前金を送金しました。現金送金にて、タイバーツあるいはUSトラベラーズチェック支払いで、と言われました。
先生は返金のリスクのため、クレジットカード支払いは受け付けていません。
手術により、人は全てを治すことは出来ません。体をどう変えようとも、自分自身から逃げることは出来ません。手術結果がどうであれ、ある人にとっては幸福ではないのです。
私の場合、バンコク空港に夜中1時半に到着し、荷物が届かず、非常識にも1バーツも持ち合わせがありませんでした。到着前にピチェート先生がホテル予約をしてくれ、私はとりあえず心配していませんでした。ある人が私に近付き、私の名前が「ダニエルか?」と、聞いてきたので、「そうです」と答えました。彼はついて来るように言いました。そして私はタクシーに乗せられ、お金と紙を渡され、ホテルに連れていかれました。タクシー代とホテルはピチェート先生が支払ってくれていました。ホテル予約手配がされていました。私は自動バーツ換算で支払われるデビットカードにて支払いました。
翌朝、先生のオフィスより電話をもらい、何時に迎えの時間を告げられました。クリニックに案内され、先生を紹介され、全ての手術内容や費用について長時間の説明を受けました。料金に関して驚きませんでした。
デビットカードにての支払いを受け付けていないため、スタッフの方が携帯電話で国際電話をかけさせてくれて、銀行から7千ドルを下ろすことが出来ました。その後、空港まで連れて行かれ、荷物を受け取り、病院へ連れて行かれ、部屋に案内されました。スタッフの方たちはあまり英語を話せませんが、何人かは話せるので十分に意思疎通が行えました。病院は一般病院で、スタッフの方達は素晴らしかった。例えもしも私に連れがいて、同じ部屋に泊まっていたとしても、きっと食費込みの宿泊追加料金は無料だったでしょう。
手術は大成功でした。SRS手術は決して痛い手術ではなく、豊胸手術の方が痛かった。とてもきつく縛るため、呼吸が出来にくかった。それももちろん無事終わりました。私の指示で来てくれる24時間体制の付き添い人がついてくれ、彼女は英語がしゃべれなかったのですが、私ととても気が合って、楽しい意思の疎通が出来、タイのテレビドラマも一緒に観ました。手術後翌日には、私はベッドから起き、4本のドレーンと尿袋をつけながら散歩し、私は病院内を散策しました。看護婦さん達は散歩したいと言うと驚いたようでしたが、私にはもう痛みもなく麻酔も切れていまいした。実を言うと、ドレーンが入っていたため、座っているのが一番痛かったのです。手術後二日目はナースステーション内に座り、インターネットを使い、友達とチャットしメールをし、看護婦さんやエレベーターから出てくる人達と冗談を言い、本当に楽しかった。看護婦さん達は皆、本当に私に興奮していた。
病院には海外患者のために英語を話すスタッフもいて、とても助かりました。というのは、私は菜食主義者で食べ物に関して容易ではなく、私はプロテインが必要なのですが、先生のスタッフが世界的有名なベジタリアンコテージよりベジタリアン料理を何度か注文し届けてくれました。でもこれに対して決して追加料金は一切取られませんでした!
先生のスタッフは私を毎朝ホテルまで来て、クリニックまで連れて行ってくれました。毎朝、毎午後、診察を受け、傷口洗浄をして、包帯交換してくれました。先生の奥様はクリニックマネージャーで、とてもよくしてくれました。ホテル以外の全てを含む、私が支払った費用は一泊約33ドルでした。途中でより良いロケーションのホテルに変更したのですが、宿泊代は一泊たったの800バーツほどでした。部屋にはケーブルテレビ、エアコン、金庫、清潔な冷蔵庫がついていました。ホテルの従業員もとてもフレンドリーで言葉はあまり通じなかったのですが、私を呼んでよく一緒に遊びました。彼らは私にお金を使わせようともせず、ただ友達になりたかったようです。退院した数日後、彼らに観光や買い物に出かけないかと誘われました。先生の運転手が好きな所まで連れて行ってくれ、その費用も先生が支払ってくれました。運転手は荷物を運んでくれ、トイレの1バーツも払ってくれたので、私は運転手に100バーツのチップを渡しました。
人は誰かに対し、これ以上の心遣いをなかなか出来ないと思います。ガーゼや軟膏や膣の拡張(ダイチ



日本語での問い合わせ:pichet@bangkokplasticsurgery.com

ページ  12345678910 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19


©2001-2004 Aesthetic Plastic Surgery Center. All Rights Reserved.
ピチェート整形外科センターの住所: 422-426/1インタマラ ソイ20の間 スティサーン通り ,ディンデーン デュシット, バンコク 10400 タイ国
ピチェート医師の携帯 (タイ語、英語) : 001-010-6681-933-1010 (タイ国内の場合:081-933-1010)
クリニックの電話 : 001-010-662-690-8000 (Auto) Fax : 001-010-662-277-5907 日本語での問合せ 携帯:
+668-9999-0123