ピチェート整形外科センター
ピチェート医師について 訪タイ情報FAQ(質問と答え)連絡先クリニックの地図

ホーム
ドクターピチェートについて
手術項目一覧
クリニック情報
FAQ
連絡フォーム
病院サービス
クリニックの地図
患者様からの推薦文



大きな地図はこちらです

  患者さんの推薦文13
ページナビゲーション
患者さんの推薦文13

1. )陰嚢皮膚移植膣形成術法(深長6インチ(約15.24センチ))

心配しないで大丈夫。私の下半身の写真なんて送ったりしませんから。
だけどピチェート先生にしていただいた膣形成手術(膣深長は6インチ以上)は素晴らしかった。私にとって、先生は優れた外科医であり、本当に素晴らしい内科医でした。
私はピチェート先生に巡り合えたことを誇りに感じています。
それから私の名前が正式に改名されることが認められたんですよ。
現在、改名後の私はDrヴィヴィアン。
じょじょに女性としての私の精神が体中に広がっていくようです。
私は鏡を見つめ、そしてここに私がいると確認する。
これが私なんですね。信じられません!

スタッフの皆様にもよろしくお伝え下さい。
それでは。
ドイツ ヴィヴィアン医師
2) オーガズム体験記

性的興奮によるオーガズムが得られるかどうか。

A;私の患者の体験を読んでみて下さい。

私は手術後、最初のデートをしました。
スティーブに会ったのは、私の家と彼の家の中間地点。
彼は300マイル、私は200マイルほど車を走らせたところでした。彼は本当に紳士的で優しく、落ち着いていて寛大でした。でも最初のデートの時までは、彼もどうせ女たらしだろうと思っていたんです。だから期待しない約束で会いました。まさか付き合うとは思っていませんでした。そして自然とそういう風になったんです。私の「もの」はきちんと機能しましたよ。私は何度もオーガズムを得ることが出来ました。
私達は48時間一緒に過ごし、彼はあらゆるオシャレな場所に連れて行ってくれました。そして店の外ではシンフォニーが演奏、食事と供にエンターテイメントが模様されるフォーマルなレストランも予約してくれたのです。でも雨で中止になり映画に行き、替わりにフーターレストランになってしまいました。これも人生?
ありがとう!ありがとう!先生、ありがとう!

タミーより。
3)
到着した日のバンコクは、不安のためか、曇っていました。これはきっと私の未知への恐怖だったんだと思います。今回の旅について十分にリサーチしたつもりでしたが、それでもこれから自分に起こることへの恐怖を取り除くことは出来ませんでした。この全ての不安や、どうなるのかという気持ちは、翌日消え去りました。
診察室のドアを開け、ピエチェート先生に笑顔で挨拶をされた途端に、私の選択が正しかったと感じました。先生のスタッフ達も素晴らしかった。私は二階に案内され、居心地の良い部屋に座らせられ、面倒な書類への記入も可愛らしいタイ人看護婦さんと共に、落ち着いてすばやく記入出来ました。

その後すぐ先生が現れ、非常に詳細にわたる診察をなさいました。一番感動したのは先生の誠実さ、そして手術の全プラス面と起こりうる全てのマイナス点までを網羅した詳しい手術説明をしてくださったことです。この時点から私はピチェート先生に対して大変落ち着いた気持ちになり、手術を受けたいという気持ちになれました。
その後私は車で病院まで運ばれ、心電図、胸部レントゲン撮影、血圧、血液などの検査を30分ほどで済ませ、そして個室へと案内されました。この病院とスタッフの有能さには本当に驚きました。
その日遅くに手術が行われました。ピチェート先生の右腕である女性Mrs.Maoは手術室まですべて付き添ってくれ、常に落ち着く言葉、励ます言葉をかけてくれました。彼女には本当に感謝しています。
その後、私は何時間か経って痛みを感じながらここはどこだろうと思いながら目が覚めて、その時Mrs.Maoがまだ私の側に付き添い、完全に私が目が覚めるまで待っててくれたのを覚えています。
この病院の介護は驚くべきで、私が痛み止めが必要だった時、看護婦の方は食後まで薬の服用が出来ないのを知っていて、その時食事を取るのが大変だった私の横に座り、私にスプーンで食べさせてくれ、そして痛み止めを飲ませてくれたのです。
手術後3週間経った現在、私はイギリスの自宅に戻っていますが、仕事にプライドを持って患者に敬意と丁重さで接してくれるスタッフの方々の真のプロの介護を受けた素晴らしい思い出とともに素晴らしい気分でいます。
将来いつかピチェート先生に他のさらなる手術もしていただく予定でいます。ピチェート先生の腕は見事です。
ピチェート先生、そして彼のスタッフがしてくださった全てのことに本当に感謝したいです。
いくらお礼をしても足りません。本当にありがとうございました。

たくさんの愛を込めて
エラ xx
イギリス エラ ロビンソン


日本語での問い合わせ:pichet@bangkokplasticsurgery.com

ページ  12345678910 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19


©2001-2004 Aesthetic Plastic Surgery Center. All Rights Reserved.
ピチェート整形外科センターの住所: 422-426/1インタマラ ソイ20の間 スティサーン通り ,ディンデーン デュシット, バンコク 10400 タイ国
ピチェート医師の携帯 (タイ語、英語) : 001-010-6681-933-1010 (タイ国内の場合:081-933-1010)
クリニックの電話 : 001-010-662-690-8000 (Auto) Fax : 001-010-662-277-5907 日本語での問合せ 携帯:
+668-9999-0123