ピチェート整形外科センター
ピチェート医師について 訪タイ情報FAQ(質問と答え)連絡先クリニックの地図

ホーム
ドクターピチェートについて
手術項目一覧
クリニック情報
FAQ
連絡フォーム
病院サービス
クリニックの地図
患者様からの推薦文



大きな地図はこちらです

  患者さんの推薦文10
ページナビゲーション
ペンザファミリー
   

ピチェート先生及びスタッフの皆様

皆様には大変お世話になりました事、家族と私から再びお礼の言葉を述べさせて頂きます。手術は先生がおっしゃっていた通りでしたし、ホテルは素晴らいし所でした。

私達の経験を皆様にお伝えしなければという気持ちでこの手紙を書いております。当初アメリカ以外の国にて豊胸手術を受ける事に少々疑問を感じていました。思い出深い家族旅行をすると同時にオードリーの手術も受けたいと考えておりました。先生のウェブサイトを拝見し、友達と家族に手術について話しをした後、ピチェート先生の元で手術を受ける事に決めました。家族の中には、タイで手術を受ける事について動揺し、私達は頭がおかしくなってしまったと、そして手術を受けるベストな方法ではないと言い出す者もおりました。

オードリーはシカゴ、私はニューヨークのカレッジを卒業し、二人とも数カ国に旅行に行った事があります。手厚いプロ的な看護を受けただけでなく、メールにて先生がおっしゃっていた事がそのまま現実になった事に2人共同感です。家族6名を空港に迎えに来て下さり、ホテルへと送迎して下さいました。素敵なファミリーホテルをリクエストしていたのですが、プリンストンパークスイーツに宿泊となりました。これも我々のリクエスト通り、ジム施設が併設されており、又ピチェート先生は私達の部屋にオーブンレンジを提供して下さいました。

到着翌日、ドライバーがホテルに迎えに来てくれ、先生のオフィスへと送ってくれました。もちろん無料です。カウンセリング中、ピチェート先生は色々なインプラント方法を選択肢として提供して下さいました。

私は医療分野に携わっており、将来妻となる女性に、他国にて手術を受けさせる事に少々不安を感じていました。ただピチェート先生とのカウンセリングの後、手術に立ち合わせて欲しい旨を申し出た所、先生が快諾して下さったので、安心しました。

カウンセリング後、直ちに入院しました。先生ご自身がドライバーになっている事に再び感動しました。先生のベンツで病院まで送迎して頂きました。先生がベンツを所有している事が素晴らしいのではありません。それがフォルクスワーゲンであっても、フォードトラックであってもいいのです。ただ私が知る限り、アメリカでは先生の様に時間を割いてくれる医師なんていません。彼らがどんな車を運転していようと、自分で病院に行く様指示するでしょう。

手術は上手くいきました。手術時間は一時間から一時間半位だと先生に言われました。手術の中盤、手術過程を私が見やすい様、先生が OR テーブルを上げて下さいました。オードリーは以前豊胸手術を受けている為、胸の皴の下に傷がある旨教えて下さいました。新しいインプラントは少し大きい為、少し窪みが出来てしまったのですが、先生がその事を気にして下さり、綺麗に処置をしようとして下さった為、手術に時間がかかりました。手術は終了、その出来は完璧でした。先生は見た目を完璧にするべく、努力をして下さいました。先生は初めに、自分は神様ではないが、出来る限りのベストは尽くすとおっしゃっていらっしゃいましたが、それ以上の事をして下さいました。追加料金なしで、オードリーの胸が出来る限りパーフェクトに見える様、更に1時間もかけて処置を施して下さいました。

手術後回復期間に入りましたが、その時もまた手厚い看護を受けました。そこから個室に移りました。オードリーは2日間入院したのですが、先生は私の為に部屋と食事を用意して下さいました。これも追加料金は一切ありません。オードリーの退院時、薬と新しいブラを処方して下さり、ホテルまでの送迎としてドライバーを手配して下さいました。これらももちろん無料です。

これらの処置をアメリカで受けるものなら、病院代だけで 3,000 ドル、以前のインプラントを除去し新しいインプラントに換える処置に 4,300 ドル追加でかかるはずです。これに加え、病院に通院したり、先生のオフィスへ通ったりする為の交通費がかかります。これがピチェート先生にお世話になった場合には 3,000 ドルもかかりません。ホテル代と手術代を合わせても 3,500 ドルです。これには大人 4 名、子供 2 名の9日間のホテル宿泊代及び毎朝の朝食代も入っています。

現在はアメリカに帰国し、手術後8日が経過しました。オードリーにはまだ腫れがあり、傷もある部分に残っておりますが、全体的にだいぶ回復しました。ピチェート先生は本当に素晴らしい方です。家族、私共々感謝の気持ちでいっぱいです。先生はバンコクの親友です。先生もご家族の方もお体にお気をつけて。

敬具

ペンザファミリー
ゲイル、オーストラリア
   

ピチェート先生、こんにちは。

まず始めに、先生がご想像つかない程、バンコクに戻りたくて仕方がありません。今年末に旅行者として再びバンコクを訪れる事が出来る様、切に願っています。

次に、素晴らしい毛髪移植をして下さった事に、先生及び先生のスタッフの方々にお礼を申し上げます。毎回鏡を見るたびに大変満足しており、これから髪が伸びて来る事を楽しみにしています。

プリンストンパークスイートホテルは素敵なホテルでした。今年の終わりにバンコクに戻った時はまた同じホテルに宿泊するつもりでいます。

私のリクエストが通っているかどうか、ホテルに密に連絡を取ってくれた Mrs. Mao に感謝します。

性転換手術を行った多数の女性と(インターネットにて)連絡を取りましたが、先生ほどのレベルのアフターケアを施す外科医はどこにもいないと分かりました。これは先生の全患者さんが感謝している事だと確信しています。

本当に有難うございます。これからも素晴らしい手術を続けて下さい。

敬具

ゲイル、オーストラリア

日本語での問い合わせ:pichet@bangkokplasticsurgery.com

ページ  12345678910 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19


©2001-2004 Aesthetic Plastic Surgery Center. All Rights Reserved.
ピチェート整形外科センターの住所: 422-426/1インタマラ ソイ20の間 スティサーン通り ,ディンデーン デュシット, バンコク 10400 タイ国
ピチェート医師の携帯 (タイ語、英語) : 001-010-6681-933-1010 (タイ国内の場合:081-933-1010)
クリニックの電話 : 001-010-662-690-8000 (Auto) Fax : 001-010-662-277-5907 日本語での問合せ 携帯:
+668-9999-0123